平成27年度 四国こどもとおとなの医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
        
〈集計について〉                                                 
  • ・平成27年4月1日から平成28年3月31日までの退院患者数で、一般病棟に1回以上入院した患者さんが対象です。            
  • ・医科保険以外の保険(自費、労災、自賠責等)を使用した患者さんは対象外です。            
  • ・入院後24時間以内に死亡した患者さん、生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植を受ける患者さんは対象外です。            
  • ・全集計について、10人未満の場合は、「-(ハイフン)」を表記しております。
    年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
    年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 2,767 574 285 394 289 428 1,130 1,357 1,328 341
    当院は、高度急性期医療から慢性期(障がい児・者)医療まで幅広い医療を提供する地域基幹病院であり、病院名が示す通りこどもからおとなまで、胎児から高齢期まで、安心・安全で質の高い医療を患者さんに提供できるよう努めています。
    年齢階級別に見ますと、10歳以下の人数が最大であり20歳未満の比率は他院に比して高く、新生児から小児期のあらゆる疾患に対応が可能な小児医療の拠点病院としての特徴を表しています。20歳代から40歳代までは、総合周産期母子医療センターとして妊娠出産に関連した疾患の患者さんに対して多くの医療を提供しています。
    また、地域の高齢化に対応しご高齢の患者さんに幅広い医療を提供しており、循環器・脳卒中センターや骨・運動器センターをはじめ、加齢に伴う疾患の患者さんを多数治療させていただいております。
    あらゆる年齢層の救急医療にも取り組んでおり、時間外救急外来を経て入院される患者さんは全体の31%を占めています。
    診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
    ※各診療科別に患者数の多い症例上位3つの診断群分類について集計しています。
    小児科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 383 5.06 5.72 0.00 2.55
    150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 258 3.98 5.50 0.39 3.83
    030270xxxxxxxx 上気道炎 166 3.89 4.83 0.00 3.10
    小児科は、香川県小児救命救急センター、小児医療の拠点病院として、専門的疾患、難治性疾患、高度救命救急に対応していますが、疾患別分類ではやはり感染性疾患が上位に位置づけられます。早産児、低出生体重児や心疾患など基礎疾患のあるお子さんも多く、これらのお子さんではRSウイルス感染症など感染性疾患が重症化しやすく早期の対応を心がけています。また、治療経過中に増悪し夜間・休日救急外来から入院となるお子さんも多いです。
    小児科には感染症専門医もおり、適切な治療で重症化を阻止し早期に退院できるよう努めています。喘息性疾患、てんかん・けいれん性疾患も各々100名ほど入院加療しております。小児がん、腎、内分泌疾患などの専門的疾患も幅広く入院しており、新生児疾患、循環器疾患等は別に集計されています。
    小児循環器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。) (1歳以上)に対する心臓カテーテル検査 42 4.93 4.52 0.00 9.83
    050200xx97xxxx 循環器疾患(その他) 手術あり 23 5.57 10.84 0.00 4.48
    14031xx19910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。) (1歳未満)に対する心臓カテーテル検査 14 5.21 4.63 0.00 0.00
    小児循環器内科は、香川県をはじめとして徳島県、愛媛県、高知県からも患者紹介や搬送の対応をしています。当科は、24時間365日対応できる体制を組んでおり、軽症入院は言うまでもなく重症心疾患に対する受け入れもスムーズに行われています。緊急入院だけでなく緊急カテーテル検査治療も速やかに施行できるシステムの確立とフットワークの軽さが特徴です。
    心臓カテーテル検査は、年間約150例でカテーテル治療も積極的に行っており、カテーテル治療によりリスクの高い外科的手術を回避できる症例も増えてきています。また、近年進歩してきている経カテーテル的心房中隔閉鎖術および経カテーテル的動脈管閉鎖術の施設認定も受けており、成人小児に関わらず患者様のrisk/benefitに最新の配慮をしつつ、ご家族と方針を相談決定して施術させて頂いております。
    一般入院に関しては、心臓カテーテル検査入院のみならず多彩な循環器疾患を管理治療させて頂いておりますが、当院小児循環器科の特色としてPICU(小児集中治療病室)での、人工呼吸管理、透析管理、人工心肺管理等を要する重症小児の集中治療にも積極的に取り組んでいます。
    小児神経内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    070210xx99xxxx 下肢の変形 20 1.10 13.54 0.00 5.45
    010230xx99x00x てんかん 15 3.00 7.03 0.00 9.53
    040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 (15歳未満) - - 5.72 - -
    小児神経内科は、発達期の神経・筋疾患を診療しています。てんかんの診療には通常脳波の他、ビデオ・脳波同時記録を行い、発作時脳波を確認することにより正確な診断と治療に役立てています。脳性麻痺については、理学療法、作業療法、言語聴覚療法とボツリヌ療法を行っています。
    急性疾患としては、急性脳炎・脳症、髄膜炎、熱性けいれん、けいれん重積症、末梢神経障害等を診療しています。慢性疾患としては、精神運動発達遅滞、脳性麻痺、てんかん、筋ジストロフィー症、そのほかにはいわゆる神経難病、神経稀少疾患を診療しています。
                
    新生児内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 211 3.35 6.17 3.79 0.00
    140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 34 4.26 11.59 0.00 0.00
    140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 中心静脈注射・人工呼吸あり 16 7.94 12.67 0.00 0.00
    DPCコードによる病名では、早産や低出生体重に関連したものが大部分を占めています。その中でも、新生児黄疸は最も頻度の多い疾患です。新生児黄疸には、ABO血液型不適合などが原因の溶血性黄疸といった重症化しやすいものもあり、通常の光療法以外にガンマグロブリン療法や、血液を入れ替える交換輸血など特殊な治療が必要になることがありますが、当科ではこれらすべてに対応可能です。
    また、当院は総合周産期母子医療センターとして認可されており、早産・低出生体重児はもちろんのこと、心臓血管外科、小児外科、脳外科などの外科治療にも対応しており、四国の小児・新生児医療の中核として高度な医療を提供しています。
                
    小児外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 24 3.08 3.32 0.00 2.83
    060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 22 3.00 8.85 0.00 1.41
    11022xxx02xx0x 男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術等 19 3.00 4.80 0.00 3.58
    小児外科では、鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、臍ヘルニア、急性虫垂炎、腸重積症などが頻度の高い疾患です。その他に、新生児疾患(横隔膜ヘルニア、食道閉鎖、腸閉鎖、鎖肛など)、乳幼児疾患(胆道閉鎖症、先天性胆道拡張症、肥厚性幽門狭窄症、良性・悪性腫瘍など)、さらには小児泌尿器疾患(水腎症、膀胱尿管逆流、尿道下裂、神経因性膀胱など)、当院重症心身障害児(者)病棟入院中の患者さまの手術(気管切開、喉頭気管分離術、胃瘻造設術、胃食道逆流症手術など)も行っています。
    県中西部で唯一の小児外科専門施設として、緊急疾患には24時間365日対応しています。
    小児心臓血管外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術等 10 39.40 17.05 0.00 3.50
    14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 - - 28.36 - -
    14031xx101x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 完全型房室中隔欠損症手術等 - - 61.43 - -
    主に先天性心疾患に対する手術を行っており、人工心肺を用いた手術を年間60件前後、人工心肺を用いない心・大血管手術を年間30件前後行っています。 その他、漏斗胸などの胸郭変形に対する手術や重症心身障害者(児)の呼吸不全に対する外科治療にも積極的に取り組んでいます。 また、急性心不全や呼吸不全に対する呼吸循環補助に際しても、小児の場合には成人で行われるような経皮的アプローチは困難であり、外科的な補助装置の装着や離脱の手術を当科で行っています。
                
    小児脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 37 2.89 7.52 0.00 5.43
    010230xx99x00x てんかん 13 4.77 7.03 0.00 17.46
    180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.84 - -
    当診療科は小児脳神経外科専門施設としては中四国唯一であり、水頭症を中心とした先天性疾患、脳血管障害、脳腫瘍、てんかん等を対象に診療を行っています。 水頭症に対しては、脳室―腹腔短絡術(シャント手術)が一般的ですが、欠点として、シャント閉塞、感染などのシャントトラブルなどがあります。 近年では、内視鏡下第3脳室開窓術が広く行われるようになり、良好な成績を得ています。当院では、これらを使い分けて行っています。
    脳腫瘍の治療法としては、手術、放射線治療、化学療法などを取り入れ、合併症の軽減に努めております。
    てんかんの治療は、主に薬物治療が原則です。しかし、あらゆる種類の抗痙攣剤を試しているにもかかわらず発作がコントロールできない難治性てんかんに対しては、外科的治療も行っております。当科にて今まで施行した手術は、てんかん焦点切除術、脳梁離断術、大脳半球切離術などがあります。 また、週1回てんかん専門医による診察も行っております。
    その他、二分脊椎、頭蓋骨早期癒合症、脳性麻痺を中心とした痙縮の外科的治療、もやもや病、頭部外傷などの外科的治療なども積極的に行っております。
                             
    小児整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 34 3.21 5.41 0.00 6.65
    160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 11 3.00 5.70 0.00 11.09
    160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり - - 20.64 - -
    小児整形外科の急性疾患には、外傷、感染症があります。外傷では肘周辺の骨折が多く、上腕骨顆上骨折、上腕骨外顆骨折、肘頭骨折などがあります。前腕では橈骨骨折が多くみられます。大腿骨骨折は頻度は少ないのですが長期入院を要することが多いため、上位の位置づけとなっています。感染症では、股関節や膝関節の化膿性関節炎は緊急手術の対象となる疾患です。
    また慢性的疾患としては、先天性内反足、乳児股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、筋性斜頚、側弯症、脚長差、脳性麻痺の下肢変形などの治療も行っています。
                
    小児形成外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 23 1.00 3.26 0.00 1.43
    080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 13 3.77 4.28 0.00 5.62
    160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 11 3.09 5.86 0.00 10.55
    小児形成外科は、おもに体の表面の特に顔面・手足など外から見える部位の組織欠損・変形・醜状に対する治療を行い機能回復とQOLの向上を目的とする専門外科です。
    一般的に外傷、外傷などで生じた瘢痕、皮膚や皮下にできた腫瘍、体の表面の生まれつきの変形やあざなどを治療しています。 生まれつきのあざである母斑、血管腫の症例が上位を占めています。乳児期のあざのレーザーは、広範囲もしくは目の周囲の症例は安全を考慮して日帰りでの麻酔科医の協力の下、全身麻酔下での照射を行っています。
                
    小児眼科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 29 3.00 3.38 0.00 6.34
    020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 28 3.00 3.43 0.00 4.54
    020350xx97xxxx 脈絡膜の疾患 手術あり - - 8.59 - -
    慎重な手術適応、そしてできるだけ侵襲の少ない手術を心がけています。このほか、未熟児網膜症や家族性滲出性硝子体網膜症など先天網膜疾患に対する蛍光眼底造影写真撮影や治療にも対応しています。
                
    産科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 80 8.19 9.94 0.00 32.74
    120170xx99x0xx 早産、切迫早産 52 30.81 20.87 3.85 29.98
    120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 27 7.15 9.63 0.00 32.70
    香川県の総合周産期母子医療センターの認可を受けています。分娩数は約850件で、ハイリスク妊娠が70%占めています。帝王切開率は27%です。県下および他県から切迫早産や前期破水、妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離などの緊急母体搬送を受け入れています。NICU、小児外科、小児脳神経外科と連携し、超早産児、水頭症、脊髄髄膜瘤、食道・十二指腸閉鎖、横隔膜ヘルニアなどのあらゆる疾患に対応が可能です。
    また、遺伝医療センターとも連携し、出生前診断に対しての遺伝カウンセリング、母体血清マーカー、NIPT、羊水検査、遺伝子検査などの検査も行っています。臍帯穿刺、臍帯輸血、胎児胸水ー羊水シャント術などの胎内での侵襲的治療も行っています。
               
    内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 26 30.42 14.34 11.54 71.96
    100380xxxxxxxx 体液量減少症 13 21.15 9.18 0.00 81.31
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - 21.69 - -
    肺炎、誤嚥性肺炎の症例では高齢になるほど重症度が上がる傾向にあります。また脱水症も高齢者が多く、全国と比較して平均在院日数が長くなっています。喀痰検査、血液検査など行い、抗生剤など対症的に加療を行います。
    消化器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 38 10.03 5.50 0.00 40.92
    060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 34 17.24 10.93 8.82 79.82
    060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 25 17.76 11.00 4.00 73.64
    急性胃腸炎で水分も取れないような場合には、入院し通常は数日間で退院することが多いです。胆石による胆管炎、胆のう炎、膵炎などは、緊急に内視鏡治療などを行い治療します。続いて外科にて胆のう摘出術を行うこともあります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍による出血や狭窄などは、内視鏡的治療や抗潰瘍薬やピロリ菌除菌などを行います。
                
    循環器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患に対するカテーテル検査 360 2.31 3.07 0.00 70.22
    050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 173 3.68 4.87 0.00 71.60
    050130xx99000x 心不全 43 22.86 18.30 27.91 86.88
    循環器内科で最も多い症例は、狭心症のカテーテル検査です。狭心症かどうかを調べる検査や治療後数ヶ月後での再発の有無を調べるために行います。
    次に多いのが狭心症のカテーテル手術治療です。当院では手術後の負担を減らすためほとんどの検査や治療で手首の動脈からカテーテルを挿入して行っています。できるだけ短期間の入院で検査治療が受けられるよう心がけています。
    3番目に多いのが心不全による治療入院や検査入院です。心不全は、高齢になるほど増える疾患で早期発見早期治療が望まれます。当院でも年々患者数が増えています。
                
    外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 50 9.94 7.84 2.00 64.24
    060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 34 22.91 17.41 2.94 73.44
    060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 19 30.21 20.63 10.53 72.74
    最も多い症例は、胆石性胆嚢炎であり腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。総胆管結石の合併例も多く、内視鏡的に総胆管結石を摘石しておいてから腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っております。
    次に多いのが大腸の悪性腫瘍、胃の悪性腫瘍となっています。大腸癌では閉塞してしまってから受診される症例が目立ちます。このため、経肛門的腸閉塞チューブ留置後の手術や一時的人工肛門造設を伴う手術症例が多くなっています。検診での早期発見が望まれます。
    スタッフは少人数ですが、救急疾患に対しては24時間体制で迅速な対応に努めています。
    最も多い症例は胆石性胆のう炎であり腹腔鏡手術が数多く行われています。鼠径ヘルニアに対する手術は腹腔鏡下胆嚢摘出術に次いで多く行われていますが、短期滞在手術のため本集計ではなく【診療科別主要手術別患者数等】に集計しております。
    整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 120 27.43 28.70 79.17 84.32
    160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 64 24.09 21.52 50.00 80.38
    160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 49 7.61 11.98 2.04 48.69
    近年の高齢化社会を反映して、高齢者の転倒による骨折が増加しております。転倒による3大骨折は、大腿骨近位部骨折、脊椎骨折および手関節骨折です。当院でも大腿骨近位部骨折と胸腰椎骨折が増加しております。
    また、加齢による変性疾患である変形性膝関節症、半月板損傷も増加しております。当院では、関節鏡を用いた診断と治療を積極的に行い、可能であれば自分の骨を温存できる骨切り手術を行っております。
        
    脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 脳保護療法あり 47 20.51 18.08 38.30 76.15
    160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 40 10.48 10.02 17.50 75.13
    160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 37 10.86 7.52 16.22 65.27
    脳梗塞患者さんのうち急性期で脳梗塞がまだ完成していない場合には、tPA静注による血栓溶解療法や血管内治療を積極的に行っています。 頭部外傷の患者さんでは、緊急手術が必要な場合はもちろんですが悪化の可能性や症状がある場合に経過観察入院を行っています。
    心臓血管外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 20 10.30 13.19 5.00 81.75
    050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 19 4.79 5.99 5.26 75.26
    050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 11 20.36 25.69 9.09 72.27
    高齢化社会を向え、心臓血管外科で扱う疾患は、動脈硬化の進行による大動脈瘤や下肢閉塞性動脈硬化症や弁膜症(特に大動脈弁狭窄症)が増加しております。
    腹部大動脈瘤では従来の人工血管置換術も施行しておりますが、より低侵襲であるステントグラフト内挿術のほうが第一選択となってきております。
    また閉塞性動脈硬化症では従来のバイパス手術も施行しておりますが、こちらもより低侵襲な経皮的血管拡張術+ステント留置術のほうが第一選択となってきております。弁膜症では高齢の大動脈弁狭窄症が増加しており、生体弁による大動脈弁置換術が増加しており、僧房弁閉鎖不全症では自己弁温存する弁形成術を第一選択としております。
        
    皮膚科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    080011xx99xxxx 急性膿皮症 11 11.36 11.97 0.00 69.45
    080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 - - 6.48 - -
    080110xxxxx0xx 水疱症 - - 31.95 - -
    当院皮膚科での入院患者数が最も多い疾患は、丹毒や蜂窩織炎といった細菌感染症です。丹毒は皮膚(真皮)、蜂窩織炎は皮下脂肪における細菌感染症でいずれも抗生剤投与で治療します。また帯状疱疹も皮膚科にとっては非常に頻度の高いウイルス感染症でなるべく早期の抗ウイルス薬の投与が望ましいとされています。これらの病気の方みなさんが入院が必須なわけではありませんが、治療に安静を要したり、高熱がでたり、疼痛が強かったりと重症化すれば入院治療がすすめられます。
    蕁麻疹は、皮膚疾患の中でも一般の方にとって最もポピュラーなものの一つであり、通常は抗アレルギー薬の内服のみで症状が治まる場合が多いですが、強い皮膚症状が遷延する場合や息苦しさ等の呼吸器症状や下痢、腹痛といった消化器症状を伴う場合、感染症に伴って生じる場合には入院加療を行うことがあります。
    その他天疱瘡、類天疱瘡などの自己免疫性水疱症(本来は自分の体を守るべき細胞が自分の皮膚や粘膜を誤って攻撃するために水ぶくれができたり皮が剥けたりする病気)や重症薬疹(内服薬や注射が原因の湿疹)のため集中的な治療を行ったり、乾癬という皮膚が厚いふけを伴って赤くなる病気で重症の方では生物学的製剤の投与のため入院して治療をしていただくことがあります。
    泌尿器科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 30 2.43 3.40 0.00 74.20
    11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 30 3.83 5.91 0.00 55.90
    110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 20 7.10 8.02 0.00 72.95
    末期腎不全の患者さんに対して透析センターを設置して血液透析(約60名)、腹膜透析(約10名)を行っており、シャントのトラブル等の透析患者さんの様々な透析合併症に対して対応できる体制を整えています。
    尿路結石症に対して体外衝撃波(ESWL)に変わってより確実なレーザー砕石装置を用いた経尿道的な砕石術を行っています。この手術法は、内視鏡による確実な砕石とバスケットカテーテルによる結石の摘出も可能な方法でESWLより優れた方法と考えられます。
    初期の膀胱癌に対しては、電解質液による新しい経尿道的切除術(TURis)を行っています。電解質溶液を用いることにより、従来法にあった水中毒などの合併症を避け、より安全に手術を行うことができるようになりました。
    婦人科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 20 5.80 6.50 0.00 40.30
    120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 10 7.80 9.53 0.00 70.80
    120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 - - 6.34 - -
    当院における婦人科手術症例で最も多いのは、良性卵巣腫瘍であり腹腔鏡を用いて行うことが多く子宮摘出症例も腹腔鏡にて行うことができます。在院日数は全国と同等か早く退院できている傾向にあります。
    その他、骨盤臓器脱や子宮頸部上皮異形成に対する腟式手術も行っています。
                
    救急科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 31 19.23 14.34 25.81 84.42
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 27 34.33 21.69 40.74 85.04
    100380xxxxxxxx 体液量減少症 21 15.05 9.18 28.57 70.95
    救急科ではあらゆる疾患を24時間休まず診察しています。疾患として多いのは高齢者の肺炎(誤嚥性肺炎も含め)が多く、高齢のため様々な持病を持っており入院期間も全国平均より長期化しています。 特に誤嚥性肺炎の場合は、肺炎が改善しても慢性期病院に転院して長期にリハビリを要する患者が多い傾向が認められます。
    また、自宅で食事量が減り脱水で入院となる患者が多いようです。改善した後も一人暮らしの方は地域連携を介して、転院など家族の希望に沿うようにしています。
    初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 19 - 13 25 10 16 1 7
    大腸癌 10 22 29 17 25 - 1 7
    乳癌 - 22 - - - - 1 7
    肺癌 - - - - - - 1 7
    肝癌 - - - 11 - - 1 7
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    《指標の説明》
    5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数について、当院で平成27年4月1日から平成28年3月31日に退院された患者さんのDPCデータを用いて、下記の定義のとおり集計しています。初発患者は、UICC病期分類別のTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数に分けて集計しています。
    《指標の定義》
    ・「初発」とは、自施設において、当該腫瘍の診断、診断と治療、あるいは初回治療を実施した場合を指しています。
    ・「再発」とは、「自施設・他施設を問わずに初回治療が完了した後、自施設にて患者を診療した場合」や、「治療がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合」を指しています。
    ・入院患者数は延患者数です。集計期間内に複数回入院した場合、同一患者に入退院を繰り返した回数分をかけた数となります。
    ・一連の初回治療期間中であっても、「遠隔転移」などを認めた場合には「再発」とするため、初発例としてカウントした患者さんが再発例として重複カウントされています。
    ・検査入院等のため、退院時に診断が確定しなかった場合は「不明」に計上しています。
    ・UICC病期分類(国際対がん連合)よって定めた、原発巣の拡がり(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の3つの要素によって0期~Ⅳ期の5病期(Stage)に分類され、0期に近いほど癌が小さくとどまっている状態であり、Ⅳ期に近いほど癌が広がっている状態を指しています。
    ・Stageが0期のものは集計対象外としています。
    ・症例数が10件未満であった場合には「-」で表示しています。
    《当院症例の解説》
    当院は、地域がん診療連携拠点病院ではありませんが、上記の表にあるように多くの癌患者さんの治療を行っています。ご高齢で検診を受けたことのない有症状患者さんが多く、病期が進行している方の頻度が高くなっているのが特徴です。このため、多くのがん診療連携拠点病院と比べてStage Iの患者さんの頻度が低くなっています。
    胃癌・大腸癌は、消化器内科、外科が治療を担当しますが、有症状の高齢患者さんが多く早期癌より進行癌の頻度が高くなっています。特に大腸癌の半数近くは腸閉塞を起こしかけている患者さんであり、一時的な人工肛門の造設が必要な患者さんが増加傾向にあるのが特徴です。大腸癌は腸閉塞を起こすとStage IVであっても手術が必要になります。いつもの便秘や痔の出血などと思い込まずに、大腸がん検診を受けていただくことが早期発見、早期治療につながります。一方で大腸癌の内視鏡的粘膜切除は年々増加しておりますが、多くは追加治療を必要としないStage 0症例ですので、今回の表には症例数が掲載されていません。
    乳癌についても全国のモデル地区として他院に先駆けて乳癌検診を行ってまいりましたが、繰り返し検診の方の頻度が高く検診による発見よりシコリを自覚して初めて病院を受診される方の割合が高くなっています。今年度は、殆どStage IIでした。
    肝癌は、B型肝炎、C型肝炎の治療、経過観察中にみつかる症例が殆どで、主に消化器内科、放射線科で治療しています。
    肺癌については9年前に呼吸器内科が休診となり、化学療法を担当する医師が不在となっているため、他院に治療をお願いしているため入院治療を行っていません。
    成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
    患者数 平均
    在院日数
    平均年齢
    重症度 0 20 10.90 44.00
    重症度 1 26 20.00 79.12
    重症度 2 26 29.38 84.31
    重症度 3 - - -
    重症度 4 - - -
    重症度 5 - - -
    不明 12 26.00 80.50
    市中肺炎とは、病院外で普通の日常生活をしていた人に発症する肺炎です。この指標では、満20歳以上の成人の細菌による肺炎を集計しており、ウイルスによる肺炎、食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎等は集計対象外です。重症度は日本呼吸器学会が刊行した「成人市中肺炎肺炎ガイドライン」に掲載されているA-DROP(年齢、脱水、呼吸状態、意識レベル、血圧)により分類されます。
    年齢が高くなるにつれて重症度が高くなり在院日数も長くなる傾向にあります。原因の細菌は、肺炎球菌が多くワクチンである程度予防可能ですので、65歳を過ぎたら接種を受けましょう。
            
    脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
    ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 18 4.39 66.39 0.00
    その他 - - - -
    G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I63$ 脳梗塞 3日以内 151 26.97 77.76 43.37
    その他 15 12.40 75.27 2.41
    I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
    その他 19 6.26 73.37 0.00
    I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    脳梗塞発症後3日以内の急性期に入院される患者さんが多くなっています。平均年齢は75歳を超えており高齢者の割合が多くなっています。急性期治療とリハビリを行い後遺症が軽度であれば自宅退院となりますが、重度であればリハビリ専門病院へ転院となります。
    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
    小児循環器内科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K570-3 経皮的肺動脈形成術 22 2.14 2.23 0.00 4.59
    K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
    K563 肺動脈絞扼術 - - - - -
    心臓カテーテル検査は、年間約150例でカテーテル治療も積極的に行っており、カテーテル治療によりリスクの高い外科的手術を回避できる症例も増えてきています。また、病態に悪化を及ぼしかねない側副血管(不要な血管)に対する塞栓術の件数も増えてきています。
                
    小児外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 62 1.02 1.00 0.00 3.52
    K6335 鼠径ヘルニア手術 35 1.00 1.17 0.00 3.40
    K836 停留精巣固定術 24 1.00 1.08 0.00 2.83
    小児外科で最も多い手術である鼠径ヘルニア手術では、鼠径部皮膚切開による従来の手術法と腹腔鏡下に行う手術法があり、患者さまに両者について説明して選択していただいています。最近では、腹腔鏡による手術が多くなっています。その他の疾患でも、鏡視下手術(腹腔鏡、胸腔鏡、膀胱鏡、などを用いて行う手術)が増えてきており、当院小児外科でも積極的に取り入れています。
    当科が対象としている疾患・手術は、気管、肺、食道から肛門までの消化器、腎臓から尿道までの泌尿器、ヘルニア、良性・悪性疾患など多岐に渡ります。
                
    小児心臓血管外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 12 11.00 15.25 0.00 1.25
    K5862 単心室症手術(フォンタン手術) - - - - -
    K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) - - - - -
    手術対象疾患で多いのは、心室中隔欠損や心房中隔欠損などの比較的単純な先天性心疾患です。 心室中隔欠損では、手術前に小児循環器科で入院して心不全のコントロールを行うことも多く、術前の入院期間がやや長めになっていますが、術後の入院期間は心室中隔欠損も、心房中隔欠損も2週間程度となっています。
    その他、左心低形成症候群を始めとする単心室などの複雑心疾患に対する外科治療も積極的に取り組んでいます。このような複雑心疾患の場合には、術後の入院期間が長くなる傾向が強く入院継続のまま小児循環器科に転科する場合もあります。
                
    小児整形外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0451 骨折経皮的鋼線刺入固定術(上腕) 16 0.38 1.69 0.00 6.06
    K0452 骨折経皮的鋼線刺入固定術(前腕) 15 0.87 1.80 0.00 10.67
    K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(上腕) - - - - -
    小児の骨折は、多くはギプス治療だけで治療可能ですが、骨折部の転位(ずれ)が大きい場合には手術的に治療する必要があります。小児は、骨癒合が早いことから皮膚の上から金属ピン(鋼線)を刺入固定するだけで治療可能なことが多く、こうした手術が上位を占めています。
                
    小児形成外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 17 1.94 1.00 0.00 5.06
    K333 鼻骨骨折整復固定術 10 0.60 1.00 0.00 10.30
    K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 10 1.60 1.50 0.00 4.40
    小児形成外科では、主に体の表面に近い部分の腫瘍、すなわち皮膚や脂肪、筋肉などにできた腫瘍を扱います。石灰化上皮腫、デルモイドシスト、脂肪腫などです。皮膚、皮下腫瘍摘出術が上位を占めています。乳幼児なため麻酔科の協力の下、全身麻酔下での摘出術を行っています。
    先天異常、外表体表異常、唇裂・口蓋裂などの顔面異常 、四肢の先天異常、手や足の指の数が多い多指症や、隣りの指とくっついている合指症など、 耳の疾患 、副耳、先天性耳前ろう孔、耳介変形 (埋没耳・折れ耳など)も扱っています。
    外傷による鼻骨骨折の整復も全身麻酔下に行っています。
                
    小児眼科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K2422 斜視手術(後転法) 25 1.00 1.00 0.00 6.72
    K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 17 1.00 1.00 0.00 6.24
    K215 瞼板切除術(巨大霰粒腫摘出) 11 1.00 1.00 0.00 2.64
    斜視手術は、間欠性外斜視・外斜視・乳児内斜視の他、下斜筋過動症や上斜位に対する手術も行っております。
    眼瞼内反症手術は、できるだけ再発が少なくなるような術式を取り入れています。
    霰粒腫摘出術は、全身麻酔・局所麻酔の選択に関しご家族の希望を優先していますので気軽にご相談ください。
                
    産科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 81 5.27 6.01 0.00 32.70
    K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 54 5.43 6.74 0.00 32.57
    K9091 流産手術(妊娠11週まで) 21 0.43 0.33 0.00 33.24
    産科では、手術は帝王切開術が主となります。帝王切開率は27%程度で年間240件です。妊婦の高齢化に伴い、子宮筋腫核出後、子宮腺筋症核出術などの子宮手術既往の帝王切開が増加しています。また、既往帝王切開術後妊婦においては4回以上の妊婦が紹介されてきます。前置胎盤、前置癒着胎盤の手術も放射線科と連携しながら行っています。頸管無力症に行う頸管縫縮術も行っています。流産処置に関しては、新しい真空吸引法キットを用いて安全に行っております。
                
    消化器内科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 59 0.03 1.56 0.00 68.25
    K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 30 0.00 2.03 0.00 69.77
    K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 22 2.00 2.27 0.00 67.23
    通常の大腸ポリープや粘膜内癌は、内視鏡的粘膜切除術にて切除が可能で基本的に日帰りか一泊入院で治療しています。大きな病変は、内視鏡的粘膜下層剥離術にて切除するため入院が長くなります。肝硬変などで腹水が大量に貯留し薬剤が効果的でない場合に、腹水濾過濃縮再静注法を行います。
                
    循環器内科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 159 1.06 2.87 0.00 71.95
    K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 36 3.22 13.86 13.89 81.92
    K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 28 0.14 13.89 3.57 67.93
    循環器手術で最も多いのは、狭心症に対するカテーテル治療です。手首の血管よりカテーテルを挿入し冠動脈をバルーンで広げ、ステントと呼ばれる血管保護材を血管壁に留置します。手首の血管を使うため負担が少なく、2泊3日の入院で治療することが多いです。
    2番目に多いのがペースメーカー留置術です。不整脈のなかで脈が極端に遅くなる場合や、急に数秒間脈拍が止まる場合にペースメーカー留置が行われます。一週間から10日程度の入院で治療が可能です。
    3番目に多いのが急性心筋梗塞に対する緊急カテーテル治療です。急性心筋梗塞の場合は、日中夜間を問わず一刻も早く治療をする必要があり、当院では1年365日24時間体制で治療を行っています。
                
    外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 58 3.45 6.95 1.72 66.59
    K6335 鼠径ヘルニア手術 42 1.10 4.90 0.00 70.26
    K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 4.62 16.69 0.00 73.48
    胆石症、鼠径ヘルニア、大腸癌の手術が上位となっております。患者様の身体的負担が少ない腹腔鏡下手術・胸腔鏡下手術を積極的に取り入れています。現在では、全手術症例の4割強を内視鏡下手術が占めております。
    当科では、胆石症はもとより胃、大腸、虫垂、食道、膵等の消化器外科手術全般を行っております。また、乳腺、甲状腺の手術や鼠径ヘルニア、自然気胸などの手術も行っております。残念ながら当院では、胃癌も大腸癌も無症状の早期癌症例は少なく、強い症状が出てから受診された進行癌症例が多い状況です。
    高齢化社会を迎え、手術症例の高齢化が進んでいます。別の疾患で2度目、3度目の手術を受けられる方も見られます。高齢者には合併疾患も多いため、安心して手術を受けていただくためには周術期の全身管理が非常に重要です。外科単独では対応しかねる症例も年々増加しており、循環器内科、麻酔科をはじめとした関連各科と連携して、安全で確実な手術を心がけています。
    整形外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0461 骨折観血的手術(大腿) 92 1.43 25.72 77.17 83.12
    K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 57 0.95 7.42 0.00 62.68
    K0542 骨切り術(下腿) 49 1.02 30.78 2.04 65.43
    当院で一番多く行われた手術は、大腿骨骨折に対する骨接合術でした。寝たきり患者を作らないように、できるだけ早期に手術を行い(術前平均待機日数は1.43日)、早期離床を心がけております。
    また、変形性膝関節症に対しては安易に人工関節置換術を行わず、まずは関節鏡を行い可能であれば自分の骨を温存できる骨切り手術を行うことにしております。
    形成外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 22 1.32 6.41 0.00 78.23
    K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -
    K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) - - - - -
    形成外科は、おもに体の表面の特に顔面・手足など外から見える部位の組織欠損・変形・醜状に対する治療を行い機能回復とQOLの向上を目的とする専門外科です。 一般的に外傷などで生じた瘢痕、皮膚や皮下にできた腫瘍、体の表面の生まれつきの変形やあざなどを治療しています。 高齢化に伴い皮膚悪性腫瘍が上位をしめています。顔面に生じた悪性腫瘍は、局所皮弁などを用いて再建を行っています。 外傷による顔面骨骨折、頬骨骨折、鼻骨骨折の整復を行っています。
    脳神経外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 1.00 13.25 25.00 74.47
    K1781 脳血管内手術(1箇所) 13 1.62 18.15 7.69 63.69
    K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 10 0.50 44.90 80.00 62.80
    慢性硬膜下血腫は、高齢者の頭部外傷後1~2か月の間に生じる頻度の高い疾患です。頭部CTで診断可能で、治療は局所麻酔で頭蓋骨に小さな穴をあけ血腫を除去します。くも膜下出血や急性期脳梗塞に対しては、脳血管内手術を積極的に行っています。脳出血に対しては、従来の開頭術よりも低侵襲な内視鏡下血腫除去術を第一選択としています。
    心臓血管外科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 1.19 4.42 11.54 77.81
    K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 19 2.32 7.21 5.26 80.53
    K5551 弁置換術(1弁) 11 4.55 19.18 9.09 75.91
    心臓血管外科において、閉塞性性動脈硬化症に対して四肢の血管拡張術(PTA、ステント留置)が多く、通常術後2,3日で退院可能です。腹部大動脈瘤の患者さんも平均年齢が80歳を超え、ステントグラフト内挿術が多く通常は術後7日程度の入院となっております。
    高齢の大動脈弁狭窄症が増加しており平均年齢75歳を超えていますが、生体弁による弁置換術を安全に施行できており術後20日弱で自宅退院が可能となっております。
    泌尿器科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 33 2.06 1.61 0.00 56.27
    K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 30 0.50 0.90 0.00 74.10
    K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 25 1.72 6.96 4.00 75.44
    尿路結石に対して経尿道的なレーザーによる砕石術を行っています。体外衝撃波砕石術(ESWL)に比べ確実な砕石が可能で、砕石した結石をバスケットカテーテルなどを用いて摘出することも可能です。血液透析患者さんに最も多い合併症であるシャント狭窄や閉塞に対して積極的にインターベンション手術を行っており、周辺の透析施設より多くの患者さんを紹介して頂いています。初期の膀胱癌に対しては以前より経尿道的手術を行っていますが、最近は新しく機器を導入し電解質液を用いた手術法(TURis)を行っています。電解質溶液を用いることにより、従来法にあった水中毒などの合併症を避け、より安全に手術を行うことができるようになりました。
    眼科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 399 0.23 1.96 0.25 75.16
    K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
    K270 虹彩光凝固術 - - - - -
    水晶体再建術とは白内障手術のことです。眼科で最も多く行われている手術です。当院では、基本的に一泊入院で施行しています。
    婦人科
    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 23 0.83 4.04 0.00 38.52
    K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - - - - -
    K877 子宮全摘術 - - - - -
    現在、婦人科手術として最も多く行っている手術は、良性卵巣腫瘍であり術式として主に腹腔鏡下に行っています。 卵巣腫瘍摘出術の場合は、卵巣へのダメージを軽減できるように工夫しながら手術を行い、また、付属器(卵巣・卵管)摘出術の場合は、尿管の走行に注意しながら安全な手術を心がけています。 子宮全摘出術も腹腔鏡下手術で行うことができますが、開腹手術を選択する方が安全と判断した場合は開腹手術で行っています。 骨盤臓器脱は、腟式にて行い腟壁形成を加えることで膀胱脱や直腸脱の改善、再発の予防につながっています。 その他、子宮頸部上皮異形成に対する円錐切除術やLEEP切除術、レーザー蒸散術なども行っています。
    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
    異なる - -
    180010 敗血症 同一 11 0.12
    異なる - -
    180035 その他の真菌感染症 同一 - -
    異なる - -
    180040 手術・処置等の合併症 同一 86 0.97
    異なる - -
    本来、血液は血管内では凝固しないのですが播種性血管内凝固症候群(DIC)では、何らかの原因により身体のいろいろな場所で血液が血管内で凝固し(微小血栓ができ)、その結果、臓器障害を起こしたり凝固因子が消費されて逆に出血傾向を引き起こす非常に重篤で死亡率も高い疾患です。当院では、そのような患者さんは10名未満でした。
    敗血症は、細菌などが血液中に入って全身に回り臓器障害など全身症状をともなう病気のことを言います。非常に重篤で死亡率も高く早期の治療が必要です。当院では、11名の患者さんを診療しました。
    その他の真菌感染症は、カンジダ、アスペルギルスなど真菌(カビ)による感染症ですが、当院ではこのような患者さんは10名未満でした。
    手術・処置等の合併症は、医療ミス、医療事故とは別のもので、正しく手術・処置等を行っても一定の割合で起こりうるものです。わかりやすく説明させていただいて、十分ご理解いただいた上で、手術・処置をさせていただくようにしています。当院では透析シャント狭窄、透析シャント閉塞等人工透析導入後の合併症が比較的多くなっています。
    更新履歴
    2017/08/24
    指標2と指標6のコメントを追加しました。
    指標6を一部修正しました。