独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

各部門のご紹介

感染制御部

■感染制御部のご紹介
四国こどもとおとなの医療センターでは、職員一人ひとりがすべての患者と患児そして当センターに関わる全ての方を病院感染から守り、自分自身を感染症から適切に防御するよう、病院感染対策指針に基づき、日々病院感染の制御に努めています。
感染制御部は、ICTを中心に、医療関連感染防止対策の組織として感染制御全般に関与しています。
■病院感染対策指針
四国こどもとおとなの医療センターにおける病院感染対策に関する基本方針です。
詳しくは、こちらをご覧下さい。…PDFが開きます
■感染制御部の組織
詳しくは、こちらをご覧下さい。…PDFが開きます
■感染防止対策加算
当センターは感染防止対策加算1を取得しています。
香川県内の医療機関と連携し、合同カンファレンスや病院相互ラウンドを実施しています。合同カンファレンスでは、薬剤耐性菌等の検出状況、感染症の発生状況、感染対策の実施状況、抗菌薬の使用状況等の情報共有および意見交換を実施しています。
また、感染対策に関する相談等を適宜受けています。
■感染制御チーム(ICT)
すべての感染制御活動を推進するために、迅速的確な情報伝達と決断力をもって役割を担います。ICCの方針に対応して、より具体的に感染管理対策の活動方針・年間計画、感染防止対策の計画・実行・評価・改善を行います。ICTメンバーは、感染制御医師(ICD)、感染症医師、感染管理認定看護師(CNIC)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)または臨床検査技師、感染制御専門薬剤師(ICPH)または薬剤師、栄養士、事務職員、各部署の感染リンクスタッフにより構成されています。
【活動内容】
  1. 感染管理システムの構築と実行
  2. 医療関連感染サーベイランス
    • 微生物検査検出状況(検体分離菌)の分析
    • 抗菌薬の適正使用調査
    • 日常的な感染率(ベースライン)の明確化と低減
    • 感染対策の立案・実施における評価と改善策の提案
    • アウトブレイクの早期発見
  3. 感染防止技術の普及
    • 標準予防策、感染経路別予防策の徹底
    • 感染ラウンド
    • 感染対策マニュアルの作成・改訂
  4. アウトブレイクへの対応
    • 日常的なサーベイランスの実施
  5. 職業感染対策
    • 血液由来病原体による曝露防止、針刺し・切創防止
    • 感染性ウイルス疾患の抗体保有状況の把握とワクチン接種
    • 結核接触者検診
  6. 感染管理教育
    • 全職員対象の研修会の実施
    • 看護専門分野コース(感染管理)の実施
    • 部署別研修会
  7. ファシリティマネジメント
    • 清潔な療養環境、職場環境の提供
  8. コンサルテーション
    • 感染症、感染対策に対する相談窓口および指導
  9. その他
    • 他の医療機関との情報交換
■感染防止対策・抗菌薬適正使用推進チーム
抗菌薬は原因菌、感染部位を考慮した抗菌薬の選択、抗菌薬の体内動態を考慮した投与量や投与間隔の決定、薬物相互作用、副作用などを考慮し、適切に選択する必要があります。感染制御医師(ICD)、感染管理認定看護師(CNIC)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)または臨床検査技師、感染制御専門薬剤師(ICPH)または薬剤師がそれぞれ専門性を活かし、抗菌薬の適正使用を推進しています。
■スタッフ紹介
岩井朝幸 いわい あさゆき
感染制御対策部長
感染制御医師
岡田隆文 おかだ たかふみ
感染対策室室長
感染制御医師
小児感染症内科医長

甲藤和伸 かっとう かずのぶ
 
泌尿器科医師


定村孝明 さだむら たかあき
 
新生児内科医師
豊福泰代 とよふく やすよ
薬剤師
 

森 敏子 もり としこ
感染対策係長
感染管理認定看護師(専従)
 
山﨑幸代 やまさき さちよ
感染管理認定看護師(専従)
 

西村恵子 にしむら けいこ
感染制御認定臨床微生物検査技師
(細菌主任)

篠原ゆかり しのはら ゆかり
臨床検査技師
(医化学主任)

三宅博之 みやけ ひろゆき
専門職



このページの先頭へ戻る