独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

各部門のご紹介

薬剤科

■薬剤部のご紹介
薬剤部では、四国こどもとおとなの医療センターの理念に基づき、患者様への安全で適正な薬物療法の提供を目指します。
・患者様の安全性に配慮した医薬品の適正使用を図る
・患者様への積極的な服薬指導
・医薬品等の情報管理と情報提供
・他部門との連携を図り専門性の高い薬剤師を目指す
■特長、活動内容
(1)内服薬と外用薬の調剤 → 薬袋印字機を使って、お薬の飲み方や種類によって、大きさや色の違う薬袋を印刷しています。また、粉薬と一部の錠剤の薬包紙には、患者様のお名前、お薬の名前等を印字することによって、飲み間違い等を防止できるように工夫しています。また、お薬を作る時(調剤時)は年齢や体重等からお薬の量を計算し、適正量が処方されていることを確認しています。さらに、粉薬の監査システムを導入し、調剤過誤等のリスク回避にも努めています。
(2)注射薬の調剤 → 原則として、翌日使用予定の注射薬を準備し、患者様毎に各病棟に払い出しを行っています。
(3)一般製剤 → 医師の指示のもと市販されていない剤型を院内製剤として製造しています。無菌製剤 → 中心静脈注射液はクリーンベンチ内で、抗がん剤の注射剤については、安全キャビネットでそれぞれ配合変化等を確認しながら無菌的に調製を行っています。
(4)薬歴管理と服薬指導 → お薬が処方される毎に、薬剤部では処方内容の入力を行い、これまでの処方歴を保存しています。この情報等をもとに外来お薬引渡し窓口や病棟で服薬指導を行っています。



(5)医薬品情報管理 → 医薬品に関する新しい情報を収集し整理して、正確に迅速に提供できるようにしております。 また院内で起きた副作用の情報を収集し医薬品等安全性情報報告制度に基づき医薬品医療機器総合機構に報告するとともに副作用の防止にも努めています。
(6)医薬品の安全管理→病院内における医薬品が安全に使用される為の体制を整備し、職員に対しても医薬品の安全使用のための研修等を行っています。
(7)治験薬管理 → 当院では、薬剤部とは別に治験管理室がありますが、治験薬の管理及び治験中、薬剤が正しく使用されていることを薬剤師がチェックしています。
 
■スタッフ紹介
林 武文 はやし たけふみ
薬剤部長
日本緩和医療薬学会評議員/医薬品情報管理室長/医薬品安全管理責任者/認定実務実習指導薬剤師

医薬品が適正に使用されるように努めています。
仙波靖士 せんば やすし
副薬剤部長
認定実務実習指導薬剤師/NST専門療法士
山本秀紀 やまもと ひでき
製剤主任
杉 理江 すぎ りえ
医薬品情報管理主任
小児薬物療法認定薬剤師


荒川友里 あらかわ ゆり
調剤主任
認定スポーツファーマシスト/認定実務実習指導薬剤師
川田若菜 かわだ わかな
治験主任(薬剤師)
認定実務実習指導薬剤師/小児薬物療法認定薬剤師

佐々木みずえ ささき みずえ
薬務主任
妊婦・授乳婦薬物療法専門薬剤師/認定実務実習指導薬剤師/小児薬物療法認定薬剤師/妊娠とくすり外来担当/パパ・ママ教室担当

正確な薬剤情報を伝えられるように努めます。
岩井初子 いわい はつこ
薬務主任
認定実務実習指導薬剤師/NST専門療法士