独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

japanese
english
文字サイズ
小
中
大

各部門のご紹介

手術室

■病棟のご紹介
新生児から成人まで24時間体制で手術患者を受け入れています。手術を受ける患者さんとそのご家族が安心して麻酔・手術を受けることが出来るよう、安全な医療の提供を目指しています。
■病棟の特徴、活動内容
手術室は全8室あり、年間約4500件の手術・検査を予定しています。救命救急センター、心カテ連続撮影室、脳血管撮影室と隣接しており、新生児から成人まで24時間体制で手術患者を受け入れています。
手術を受ける患者さんの不安や緊張が少しでも和らぐように、手術前日には看護師が術前訪問を行っています。
子供から大人まで、そしてそのご家族が安心して麻酔・手術を受けられるよう、主治医・麻酔科医・看護師・その他の医療スタッフと連携を取り、安全な医療と看護の提供を目指し、取り組んでいます。
■スタッフ紹介
多田文彦 ただ ふみひこ
中央手術・中央材料センター長



佐藤智子 さとう ともこ
看護師長
患者様に、安心と安全な手術の提供を目指しています。
加藤望美 かとう のぞみ
副看護師長
患者さんが安全で安心な手術を受けられるよう、病棟看護師、麻酔科医師、外科系医師と連携し、周手術期看護を行っています。
大森真梨菜 おおもり まりな
副看護師長、手術看護認定看護師
患者様が安心して、安全かつ円滑な手術を受けられるよう周術期看護の質の向上を目指して取り組んでいます。