独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

各部門のご紹介

リハビリテーション科

■リハビリテーション科のご紹介
リハビリテーション科では、こどもからおとなまで幅広い年齢、多様な患者様に対し、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を提供しています。
■特長、活動内容
●理学療法
理学療法は、小児疾患の発達支援から呼吸理学療法、車椅子・装具の作成等を行っています。また骨折や人工関節をはじめ脊椎手術後、脳卒中など中枢神経疾患等を対象としています。“こども”から“おとな”まですべての年齢層の患者様に対して、発達支援から機能回復訓練までと皆様のニードに沿ったリハビリテーションサービスを提供しています。

●作業療法
作業療法では「こころとからだのリハビリ」をテーマに、こども(未就学の幼児)からおとな(超高齢)までを対象にその人に必要な、望んでいる生活が送れるようにお手伝いさせていただいております。おとなの領域では、整形外科、脳神経外科の外傷や疾患における上肢の運動障害、高次脳機能障害、また内科疾患治療後に起こる廃用症候群に対してリハビリを行っています。こどもの領域では遊びを通して、手の動きや物の操作が向上するように支援し、また着替えや食事など日常生活に必要な練習・指導も行っています。

●言語聴覚療法(ことばの教室)
言語聴覚療法では、お子様のことばの遅れ、発音、吃音(どもり)、広汎的な発達の遅れ、自閉症、口蓋裂、難聴などの疾患に対して評価、療育を実施しています。大人の方には病気や事故による失語症、声や発音の問題、摂食、嚥下(飲み込み)の問題に対して、検査・評価・訓練を実施しています。地域社会の中でコミュニケーションの面から豊かな生活が送れるように支援させていただきます。
■スタッフ紹介
松尾 剛 まつお つよし
理学療法士長
小椋昌美 おぐら まさみ
作業療法主任
平川 崇 ひらかわ たかし
理学療法主任
有吉希充恵 ありよし きみえ
主任言語聴覚士
藤原智子 ふじわら ともこ
理学療法主任