独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

診療科のご紹介おとな

眼科

■診療紹介
成人眼科では、2名の常勤医師が診療しています。全員小児眼科と兼任しています。外来診療は月曜から金曜までの午前中で、基本的に予約制です。初診患者様は他院からの紹介状をお持ちの方を優先させていただきます。
午後は曜日によって手術・特殊検査・精密検査を行っています。
ただし急患はこの限りではありません。
一週間の手術件数は十数例で、白内障手術を年間400例以上施行しています。屈折矯正手術(近視の手術)は行っていません。また加齢黄斑変性や黄斑浮腫に対する眼球への注射治療は積極的に行っています。
■主要な疾患について
白内障・緑内障・角膜・網膜硝子体・斜視など、幅広い疾患に対応します。
■主な手術について
  • 白内障手術 年間500例以上
  • 硝子体注射 年間150例以上
■スタッフ紹介
小木曽正博 こぎそ まさひろ
眼科医長
● 眼科全般
日本眼科学会専門医
石丸真弓 いしまる まゆみ
小児眼科医長
● 眼科一般
日本眼科学会専門医