独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

診療科のご紹介

小児腎臓内科

■診療紹介
腎臓科では、生まれつきの腎、尿路異常、学校検尿で発見された蛋白尿、血尿、各種腎炎、ネフローゼなど種々腎疾患について血液検査尿検査、超音波検査、また、必要に応じて腎生検を行い診断を確定しそれに見合った治療を行って、一人でも腎不全に進行することのないようにしたいと思っています。
■主要な疾患について
「ネフローゼ症候群の診断・治療」
…頻回再発型ネフローゼ症候群やステロイド抵抗性ネフローゼ症候群などの難治性ネフローゼ症候群に対する治療を行います。
「慢性腎炎の診断・治療」
…IgA腎症、紫斑病性腎炎などに対するエビデンスに基づいた治療を行います
「遺伝性腎疾患の診断・治療」
…アルポート症候群、家族性血尿、先天性ネフローゼ症候群、先天性腎尿路奇形などの診断と治療を行います。
「学校検尿等で発見された血尿・蛋白尿の管理・治療」
…診断、治療を行います。
■スタッフ紹介
近藤秀治 こんどう しゅうじ
臨床研究部長、成育内科系診療部長、小児腎臓内科医長
● 小児科、小児腎臓病
小児科学会専門医・指導医/腎臓学会専門医・指導医・評議員