独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

japanese
english
文字サイズ
小
中
大

病棟のご紹介

6階 西病棟

■病棟のご紹介
6階西病棟は、地域包括ケア病棟です。患者さんとその家族がどのような生活を望まれているかをしっかりと把握していきます。そして、具体的な退院後の生活をイメージし必要な支援を行います。
 現在は、主に泌尿器科・眼科・皮膚科・形成外科疾患患者さんに入院していただいています。病床数は50床で、看護師長1名、副看護師長2名、看護師25名、看護アシスタント2名、の病棟スタッフで看護を提供しています。
■病棟の特長、活動内容
泌尿器科では、前立腺生検等の1泊2日入院を行っています。また、慢性腎不全患者さんに対するCAPD外来での腹膜透析の指導や地域住民の方々を対象に腎臓病教室(毎月第1木曜日)を開催しています。腎機能の悪化を指摘された方や、腎臓病に関心のある方は是非参加してください。
眼科では老人性白内障で手術をされる方が多く入院されています。クリニカルパスを使用し、1泊2日~2泊3日の短期入院で対応させていただいております。
当病棟は、在宅への退院、他院への転院に向けて他の病棟より転棟してこられる患者さんが多いため、十分な説明と共に、患者さんとご家族の方に納得していただける看護を心がけております。患者さんに応じた、安心・安全で、心のこもった看護が提供できるよう取り組んでいます。
■スタッフ紹介
横田欣也 よこた きんや
病棟医長(泌尿器科医長)
日本泌尿器科学会専門医・指導医/日本透析医学会専門医・指導医

藤澤公美子 ふじさわ くみこ
看護師長
患者様が退院に向けて安心して入院生活が送れるよう、笑顔とコミュニケーションを大切に看護を提供していきます。
土居和生 どい かずみ
副看護師長
患者さんとご家族が安心・安全に入院生活を過ごせ、その人らしい生活が送れるように、心のこもった看護を提供していきます。
河井真輝 かわい まき
副看護師長
患者さんが安心して入院生活を送ることができる看護をめざします。

このページの先頭へ戻る