独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

病棟のご紹介

あんずいろの丘病棟

■病棟のご紹介
あんずいろの丘病棟は、脳性麻痺・精神発達遅滞・てんかん・ダウン症・筋ジストロフィーなど、さまざまな疾患を持ち医療的ケアと療育的ケアを受けながら、長期入院生活を送られている重症心身障害児(者)病棟です。
■病棟の特長、活動内容
患者さんの多くはベット上での生活を余儀なくされた方が多く、人工呼吸器や経管栄養・を行いながら入院生活を送られています。患者さんにとってあんずいろの丘病棟は、治療と生活の場を兼ね備えてた所です。私達は患者さんが「うれしい・楽しい・気持ちがいい」と感じて頂く為に、快適な環境を提供しつつ、病棟内での季節に応じたお楽しみ会やお誕生日会、車椅子での散歩や外出、バスを利用しての遠足などに取り組んでいます。また、食事やおやつは入院生活での楽しい時間。楽しくまた安らぎの雰囲気つくりに音楽を流しながら援助を行っています。患者さんひとりひとりが生きがいを持って入院生活が送れるように、患者さんの思いに寄り添う看護を目指します。
■スタッフ紹介
桐野友子 きりの ともこ
病棟医長(小児神経内科医長)


橋本数江 はしもと かずえ
看護師長
患者・家族の希望に沿った看護をめざします。毎日患者さんが笑顔で過ごせるよう支援していきます。
後藤明美 ごとう あけみ
副看護師長
患者・家族の思いに寄り添い心通じ合える看護を目指します。病棟カラーのような柔らかい幅広い気持ちを持って看護を提供します。
福島和代 ふくしま かずよ
副看護師長
子どもとそのご家族が笑顔になり、安全な入院生活が提供できるよう看護していきます。

このページの先頭へ戻る