独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

病棟のご紹介

2階 東病棟(循環器病・脳卒中センター)

■病棟のご紹介
当センターは、脳梗塞、脳内出血、脳腫瘍などの脳外科疾患と、狭心症、心筋梗塞、大動脈解離などの循環器疾患の病棟です。急性期の細やかな観察と看護、リハビリ期の看護、病診連携室と調整を図り退院調整を行っています。
■病棟の特長、活動内容
循環器、脳卒中、心臓血管外科の急性期看護を主に行っている病棟です。脳卒中後の観察、脳、心臓各種血管カテーテル検査、治療、心臓手術後に対応しています。重症度も高く、安全で安心した治療が行われるように質の高い看護をめざしています。また、脳外科疾患患者様は日常生活援助を要するため、リハビリ期の看護も行っています。スムーズな社会復帰をめざし、急性期経過後は地域連携室と協力し、継続治療、継続看護が行われるように支援させていただいています。
■スタッフ紹介
竹谷善雄 たけたに よしお
内科系診療部長、循環器病センター部長
日本循環器学会専門医/日本心血管インターベンション治療学会専門医/日本内科学会総合内科専門医
曽我部 周 そがべ しゅう
脳神経外科医長、脳卒中センター部長
● 脳神経外科全般、脳卒中の外科、脳神経血管内治療
脳神経外科学会専門医/日本脳神経血管内治療学会専門医
山﨑 文江 やまさき ふみえ
看護師長
患者様が安心して療養できるように、環境を整え看護の安全性の向上に努めます。

三宅康子 みやけ やすこ
副看護師長
循環器・脳卒中における看護の専門性を追求します。

森 裕香 もり ゆか
副看護師長
皮膚排泄ケア認定看護師
 
安心して療養生活が送れるよう、チームで協力して看護を行います。

このページの先頭へ戻る