独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

japanese
english
文字サイズ
小
中
大

病棟のご紹介

めばえの丘病棟

■病棟のご紹介
当病棟は重症心身障害児(者)病棟です。8割以上の方が気管切開し、人工呼吸器装着や酸素吸入といった呼吸ケアを必要としています。多職種間で連携をとり、安全・安心な医療・看護の提供に努めています。
■病棟の特長、活動内容
患者さん一人一人が穏やかな入院生活が送れるように看護師だけでなく、他職種との連携を図り、日々の看護ケアや行事への参加などの取り組みを行っています。人工呼吸器や気管カニューレを装着された患者さんもミストバスでの入浴・車椅子で屋上庭園などを探索し、草花や大空を見上げ身体全体で外気欲を楽しみます。また、お誕生日会やクッキングパーティーなど家族と共に楽しい時間を過ごせるようスタッフ全員が協力し、和やかな雰囲気づくりを目指しています。
■スタッフ紹介
谷口秀和 たにぐち ひでかず
病棟医長(小児脳神経外科医長)
● 脳神経外科全般、脳卒中の外科、小児脳神経外科
脳神経外科学会 専門医
井上静子 いのうえ しずこ
看護師長
穏やかな療養生活が送れるようスタッフの結束力で頑張っていきます。
大矢根砂英子 おおやね さえこ
副看護師長
患者さんの目線に立ち個々に応じたケアができるようスタッフみんなで日々考えて取り組んでいます。
宮惠子 みやざき けいこ
副看護師長
日々の療養生活が穏やかに過ごせるようチーム全体で看護ケアを提供していきます。

このページの先頭へ戻る