独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

病棟のご紹介

MFICU・産科病棟

■病棟のご紹介
MFICUはハイリスク妊産婦管理を行い、救急母体搬送を県内外から受け、産科病棟ではローリスク妊婦管理と産褥期の育児へのサポートをしています。
 
■病棟の特長、活動内容
MFICU 9床
産科病棟 18床(うちLDR2床)

 MFICU、産科病棟では、助産師・看護師でケアを行います。制限の多い入院生活の中で少しでも安全・安楽に過ごせるよう一人一人の妊産褥婦さんの状態に合わせた看護を提供させて頂いております。
 妊娠期では切迫流早産で入院中の方にも可能な限りパパママ教室の指導を行ない、妊娠~産褥の正しい知識を理解して頂くことで、今後の生活の不安が少しでも和らぐよう努めています。
 出産では「女性には赤ちゃんを産む力が備わっている」という想いの元、バースプランを一緒に考え、お母さんの「産む力」サポートしていきます。しかし、緊急に対しての準備は常に心がけており、すべての分娩に対応できるよう産科医師・助産師・NICU専門医師・麻酔医師が24時間待機しています。母体搬送・緊急帝王切開術ではMFICUスタッフが日々自己研鑚し、スムーズな受け入れとオペの直接介助・間接介助を迅速に行うことで、母児の救命に努めています。
 産後では、お母さんと新生児は、可能な限り母児同室で過ごし、生後48時間は母乳のみで頻回直接授乳を勧めています。二人で一緒に過ごす時間が育児への自信へとつながるよう私達もサポートしています。授乳に関しては産後1ヵ月健診での相談だけでなく2週間検診や母乳外来に来て頂き、きめ細やかなフォローを行うことでより良い母子関係が育つようお手伝いしています。
■スタッフ紹介
森根幹生 もりね みきお
病棟医長(産科医長)


近藤朱音 こんどう あかね
周産期内科医長
● 周産期・内分泌
産婦人科専門医/臨床遺伝専門医・指導医/超音波専門医/周産期(母体・胎児)専門医/内分泌・代謝科専門医/新生児蘇生法「専門」コースインストラクター/FMF認定(英国)NT certificate(NT資格)
前田和寿 まえだ かずひさ
総合周産期母子医療センター部長
 
大平志津 おおひら しづ
看護師長
● MFICU・産科
妊娠・出産・産祷期を通して、赤ちゃん・お母さんそしてご家族にとって安心・安全なケアの提供に取り組みます。
平田郁恵 ひらた いくえ
産科病棟副看護師長
● 産科
新たな命が生まれる場所としてあたたかな雰囲気の中、赤ちゃんとお母さまが安心して入院生活が送れるよう援助いたします。
中 理恵 なか りえ
産科病棟副看護師長
● 産科
周産期に関わる母子とそのご家族みなさまの願いに寄り添い、健やかに過ごせますよう支援いたします。
岩田千恵 いわた ちえ
産科病棟副看護師長
● MFICU
妊産褥婦の方とそのご家族が安心して新しい生活を迎えられるようサポートいたします。

このページの先頭へ戻る