独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

コラム 臨床研修医が行く!

vol.09 研修医ダイエット

 こんにちは。松村渉と申します。研修医生活も二年目後半となりましたが、指導医の先生がたや開業医の先生、コメディカルのかたがたなどの考え方や手技の効率の良さなどを見させていただいては、まだまだ自分の至らない点ばかり反省させられる毎日です。

 僕は大学卒業時には身長157cmで体重58kgくらいだったのですが、研修医になってからは、非常に不健康な生活をしているにも関わらず体重が4kgぐらい減ってきました。面倒くさくて晩ごはん食べないとやせるということを発見したので、そのうち学会で発表しようと考えています。研修医ダイエットはそのうちだれか特許をとると思います。残念ながら身長は157cmのままで特に伸びませんでした。しかし、僕は診察時に子供に威圧感を与えないようにビジネス上の理由で小さいだけなので、特にチビではないです。

 さて、今冬はインフルエンザの影響もあり、感染予防が徹底し感染症の患者さんが全国的にやや少なかったそうです。各家庭でもしっかり手洗い、うがいをされていたのではないでしょうか?その影響か、大きな店やレストランなどでも手指消毒用アルコールが準備されているのをよく見かけますが、アルコールは様々な病原体を殺すには役立ちますが、倒せないウイルスもたくさんいます。身近な例では、嘔吐下痢症を起こすウイルスの多く(ノロとかロタとかサポとかアデノとか)には効果がなく、風邪や夏かぜのウイルスにも効かない場合が多いので、感染予防にはアルコール消毒だけでなくしっかり流水、石鹸で手を洗い流していただければ、より効果が期待できると思われます。

 最近、一年前に未熟児病棟で見させていただいた患者さんが風邪をひいたので診察をさせていただく機会がありました。ああもう一年たち、風邪をひくまで大きくなったんだなあと内心少し嬉しかったです。僕は子供もいないですし、特に子供好きというわけでもないのですが、親戚の子が育つのを見るようなこの感じは、小児科って楽しいなあと感じます。たくさんのお子さんが体調を崩し、でもすぐに自分の力でよくなっていくのを、ぼんやりと支えていければなあと思う毎日です。

<2010.4>

・・・現在は、鳥取大学医学部小児科にて研修中です

このページの先頭へ戻る