独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

コラム 臨床研修医が行く!

vol.14 とても快適です

 はじめまして。九州からきました、研修医1年目の脇田沙織と申します。福岡県久留米市で育ち、長崎大学を出て、香川にやってきました。ついに九州を飛び出しました。

 よく、「九州からきました」というと、たいてい「なんでまた香川に?」とすかさず切り返されます。確かに、香川にこの小児病院がなかったら、あえて香川県を選ぶことはなかったと思います。大学を卒業した1年目から研修ができる小児専門病院は全国的にも珍しいのです。私はそこにこの病院の魅力を感じて、来てしまいました。「なんにもないところなのによく来たね〜」なんて言ってくださる方もいらっしゃいますが、実は私にとっては、善通寺市での暮らしは、なんにもないどころか、なんでもあってとても快適なのです。

 まず、車を運転しやすいのはいいですね。大学6年間生活した長崎市は、坂が多く平地がとてもせまいので、車道も狭くすこし窮屈な街です。駐車場も少なく、ガソリン代も他の地域よりも高いので、車を持つにはお金がかかる街でした。その分公共交通機関は発達していて便利でしたけどね。その点、香川は路が広々としていて、車があればどこに行くにも困らないところですね。快適です。

 大きなスーパーがたくさんあるのもいいですね。こうみえて料理が好きで、あまり凝ったものは作れませんが、休みの日にたくさん料理をすることが、いちばんのストレス解消です。なので、いろんな食材がたくさん売っているスーパーでの買い物は、ブランドショップよりもわくわくします。快適です。

 ちょっと足を伸ばせば、都市に買い物に行けるのもいいですね。私は大都会で暮らしたことは一度もありません。もちろんそこは女子ですので、便利で洗練されたCity Lifeに憧れた時期もありますが、今となっては、都会は発達し過ぎていて住むところではないと思っています。ほどよく自然のある地方の町に住みながら、行きたいときにはちょっと都会の街にでていける、まさに今の生活が理想的です。実際に時間があるときや買い物がしたくなったときは、高松や岡山にでかけています。いつかは大阪や神戸にも行ってみようと企んでいます。アクセスがよくて快適です。

 最近、外科の先生から、善通寺市民体育館にトレーニングルームがあることを聞き、こっそり運動しにいったりしています。スポーツジムの会員にでもなろうかと思っていたところだったので、手軽に通えて運動不足とストレスを解消できて、いいですね。快適です。

 このように日々とても快適に暮らしており、ここでの生活がとても気に入っています。

 そして何より快適なのは、香川小児病院での研修がとても楽しいことです。もちろん、失敗することも、頭を抱えることも、当直明けで眠いことも多々ありますが、まわりの先生方は皆さん温かく、新米な私にいろんなことをアドバイスしてくださいます。看護師さんをはじめスタッフの皆さんもとても話しやすく、いつも助けて頂いています。そんな恵まれた環境の中で、毎日かわいいこどもたちと触れあえて、そのこたちのためにできることを、ご家族の方々と一緒に考えていけることはとても嬉しいことです。香川小児病院に研修にくることができて、本当によかったと思っています。

 人としても医師としてもまだまだ半人前で、生後数日のひよこ程度ですが、まずは自分の足でなんとか歩けるようになることを目標に、こどもたちに負けないよう日々成長していきたいと思います。こんな私ではございますが、どうか温かい目で見守って頂ければ幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

<2012.11>

このページの先頭へ戻る