独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

コラム 臨床研修医が行く!

vol.17 行くのが楽しくなる病院

 はじめまして。私は高知県出身で、高知大学を卒業して4月からこの病院でお世話になっています。初めての仕事、初めての県外進出ということで、やっていけるのだろうかという思いもありましたが、仕事もプライベートも楽しみながらやっています。

 仕事の方は、5月に病院が合併となり、新しい綺麗な病院となっています。外観は誰に見せても「えっ、これが病院?」と驚かれます。行くのが楽しくなるような病院です。気になる方は是非一度足を運んでください。

 普段の仕事ではわからないことだらけで戸惑い、失敗し、反省する毎日ですが、お年寄りの患者さんやかわいい子どもさんとお話させてもらう中で元気をもらっています。先生方も研修医の数がそんなに多くないので、一人ひとりに丁寧に教えてくださいます。毎朝7時45分からは朝レクチャーがあり、研修医向けの講義をしてくださいます。眠い日がないとはいいませんが、なかなか毎日先生が講義してくださる病院はないので、恵まれているのだと思います。

 プライベートでは香川だけにとどまらす、四国を満喫しています。同期で山登りをしたり、研修医みんなで飲み会をしたり、お昼にうどんを食べに行って楽しんでいます。まだまだ香川の魅力を知り尽くせていないので、これから探索していくのが楽しみです。

 私は小児科医を目指してこの病院に来たのですが、こどもだけでなくおとなのことも思った以上に幅広く勉強させてもらっています。いろんな先生方の診療に対する姿勢を見て、私も患者さんの訴えをまず聞き、検査に頼らず患者さんをしっかり診る医者になりたいと思っています。まだまだ未熟者でご迷惑をたくさんお掛けすると思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

<2013.12>

このページの先頭へ戻る