独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

japanese
english
文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

特集 おとなの病気の基礎知識

vol.05 変形性膝関節症の治療

1.保存療法

① 消炎鎮痛剤(内服または外用)

② 関節注射(ヒアルロン酸やステロイドの関節内注入)

③ 装具療法(サポーター、足底板、杖など)

2.手術療法

① 膝関節鏡手術
… 半月板損傷や初期の変形性膝関節症の方がうけられることが多い手術です。入院期間は数日~1週間程度です。

② 高位脛骨骨切り術
… 進行期の変形性膝関節症の方や、特発性大腿骨内顆骨壊死の方に対して行われる手術方法です。入院期間は約1ヶ月程度です。

③ 人工膝関節置換術
… 末期の変形性膝関節症の方が適応となります。入院期間は約1ヶ月です。

 当科では主として手術療法を行っております。保存療法を希望される方は近隣の開業医の先生に紹介させていただいて治療を続けていただくようにしています。保存療法が無効な方や、進行した関節症の方には主として上記①~③の手術をおこなっておりますが、年齢や関節症の進行度、活動性に応じて術式を決定しております。手術療法をご検討されている患者さんは一度当科を受診されてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ戻る