独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

第1回くすのきの会
を開催しました

2014/10/05

 平成26年10月5日、当院NICU(新生児集中治療室)GCUを退院されたお子さまや未熟児フォローアップ外来に通院されているお子様とそのご家族の会「くすのきの会」が開催されました。ご家族の情報交換や語り合いの場を、とのコンセプトのもと香川小児病院時代より開催されていた「プレミの会」を、ご家族の皆さまのご要望により平成25年の統合を機会に「くすのきの会」と改め、今回の開催となりました。

 当日は、悪天候にもかかわらず233名の方が来場されました。
 子供たちは当院マスコットキャラクターのそらみちゃんとだいち君と元気いっぱいにリズム体操や、ヨーヨー釣り、人形劇などを楽しみました。
 双子ちゃんと暮らす日々の悪戦苦闘についてママ同士がおしゃべりをしだり、意外にも(?)パパたちが集まってベビーマッサージを楽しんでいました。
 あちこちで同じころに入院していたご家族との再会を喜びあう様子がありました。

 小さな赤ちゃんだった子供たちはそれぞれ、好奇心旺盛な子、やんちゃな子、笑顔の可愛らしい子、おしゃべりの楽しい子…個性豊かに成長しており、そばにはそんな子供たちの様子を温かく見守るお父さんやお母さんの姿がありました。赤ちゃんが入院した日、退院した日、子育てに奮闘する現在も、不安や心配になる瞬間は多々あると思います。

 今後も「くすのきの会」を通じてご家族の皆さまの情報交換や語り合いの機会を提供したいと考えています。私達スタッフもご家族の皆さまの近況やそれぞれの子供さんの成長に触れられるかけがえのないこの時間をとても大切に思っています。

 ご参加いただいたご家族の皆さま、ボランティアとしてご協力いただいた善通寺看護学校・香川看護専門学校の学生の皆さま、ありがとうございました。
 233名とスタッフで3回に分かれて記念撮影をしました

このページの先頭へ戻る