独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

動物園がやってきました

2015/11/08

 11月8日日曜日、今年も「四国こどもとおとなの医療センターに動物園がやってくる」と題して病院イベントを開催し、約400名の来場者がありました。

 外来の皆様、入院患者さんやご家族の皆様に動物たちとのふれあいの場を提供させていただきました。当日の天気予報では雨が心配されましたが、子供達や家族の歓声に雨も遠慮したようで過ごしやすい天候で行うことができました。

 登場した動物たちは昨年同様に、ひよこ、小犬、モルモット等です。ひよこを両手で優しく包み込む子、小犬に逃げ回られて追いかける子もいれば山羊になめられおびえる子と色々な楽しみ方をしていました。特に今年の目玉は「ハリス・ホーク」。まず、カッコイイーのひと言です。子供達は怖がっていましたが、お父さん達大人は動物園の職員さんに支援していただき、片腕に留まらせてちょっとかっこいいお父さんをアピール。自撮りは無理なので、自分のスマフォで雄姿を収めてもらいご満悦の様子。

 午後に入ると成育病棟、成人病棟の入院患者さんやご家族、付き添いの病棟スタッフが来場され、年齢に関係なく、動物とふれあい穏やかな笑顔を見せてくれました。癒やし効果でしょうか。また、病院周辺を散策していた方達もせせらぎガーデンに立ち寄って動物と触れあっていただけました。

 患者さん、ご家族、職員はもとより地域の方達にも「ホッ」とするひとときが提供できました。最後は病院らしく、動物と触れあった後の消毒は皆さんにしっかりしていただきましたことをご報告しておきます。



イベント委員会

このページの先頭へ戻る