独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

市民公開講座「男性の病気、女性の病気-自分らしく生きるために知っておくべきこと-」を開催しました

2016/09/04


 平成28年9月4日、善通寺市民会館にて市民公開講座「男性の病気、女性の病気-自分らしく生きるために知っておくべきこと-」を開催しました。
 前半は、当医療センター泌尿器科の甲藤和伸医師による『「前立腺肥大症」新しい手術療法~ホルミウムレーザー前立腺核出術~』と、産婦人科の山﨑幹雄医師による『「更年期」を乗り切るために』についての講演を行いました。


 後半は徳島大学大学院医歯薬学研究部 胸部・内分泌・腫瘍外科学教授、丹黑章先生をお招きし『「がんを知りがんを克服する」-乳がんの予防と最新治療-』と題した特別講演を行いました。ここでは、がんの予防には一次予防、二次予防、三次予防があり、特に乳がんの場合は、二次予防(早期発見)と三次予防(再発を減らすための術後治療)が重要であるとのご説明があり、また、乳がんはがんが乳管内にとどまっている非浸潤がんの状態で手術をすれば、根治可能で術後に薬剤を使う三次予防の必要もなく、医療費節減に結びつくということや、浸潤がんでも三次予防である術後治療と効率の良い定期検診を行うことで再発や他のがんも早期に発見することができることもお話しされました。丹黑先生の丁寧で分かりやすい説明に、会場では熱心に聞き入る方がたくさん見られました。


 当日は老若男女問わず多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。当医療センターでは今後もこうした活動を提供していければと思います。

このページの先頭へ戻る