独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

医療センターの年末年始

2016/12 〜 2017/01

 善通寺市も最低気温が一桁。最高気温も一桁の日がちらほら…随分寒くなってきましたね。病院の外の広場には、恒例の雪だるまのイルミネーションが出ています。

 成育外来入口に、毎年クリスマスになると、ツリーが飾られるのをご存知ですか?今年はそらいろの丘病棟の子どもたちと、アートサイコセラピストの森がクリスマスツリーのオーナメントを作りました。帆布と呼ばれるキャンバス地の上に、毛糸をくるくる… 毛糸の色を組み合わせたり、ポンポンを付けて飾り付けをしたり、病棟では看護師にも参加してもらい、たくさんのオーナメントが出来上がりました。

 オーナメントの裏側には、子どもたちからのメッセージも!今回は臨床研究部の人たちにも応援してもらい、思い思いのクリスマスメッセージが書かれた素敵なオーナメントになりました。


 オーナメントの飾り付けの日、病棟の子どもたちはこの時の為にお風呂の時間の変更までして対応してくれました!看護師や事務の方、防災センターからも応援が来てくれました。「わたしはここに!」「僕はハシゴを登ってもっと上に!」

 飾り付けを終えると早速色んな人が見に来てくれました。臨床研究部の人たちは、自分たちが書いたメッセージの付いたオーナメントを探しに来てくれました。受付前で待っていた赤ちゃんを抱っこしたお母さんも!地域医療連携室や診療科からも看護師が覗きに来てくれました。


 メッセージを見た人みんながにっこりしてくれる、そんな素敵なオーナメントが飾られたツリーを中心として、院内から院外へ、みんなの思いが運ばれて誰かに届いている、そんな気がしました。

 また、12月22日には成人外来入口でクリスマスコンサートが行われました。看護学校生や職員が奏でる美しい音色に、会場では聴き入る方が多くいらっしゃいました。

 クリスマスは終わりましたが、今から冬本番です。寒い中でも皆がほっこりあたたまるような、そのような企画を考えていきたいと思います。

 そして当医療センターも4回目の新年を迎えました。当医療センターを利用していただく全ての皆様方にとって平成29年がより良い1年となりますよう心よりお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ戻る