独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

災害医療訓練を実施しました

2017/03/04

 熊本地震や東日本大震災の記憶も新しいところですが、南海トラフ地震の可能性なども取りざたされ、全国各地で防災対策や災害医療訓練が盛んに行なわれています。

 当院でも、3月4日、大規模地震災害を想定した災害医療訓練が行われ、60名の傷病者役として善通寺看護学校の看護学生に協力いただき、200名を超える職員が参加する本格的な訓練となりました。対策本部、診療エリアを中心とした訓練でしたが、非常に濃い内容であったと思います。

 南海トラフ地震が発生した場合、香川県内だけで最大数万人の死傷者が予測されています。さらに、有事の際には当院が最前線基地としての役割を負わなければならない状況も十分考えられます。今後もしっかりとした訓練を継続し、災害に対する意識をさらに向上させていく必要があると感じました。

このページの先頭へ戻る