独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

交流会を開催しました

2017/08/04

 8月4日(金)に重症心身障がい者病棟のイベントで交流会を開催しました。交流会は、旧香川小児病院から地域の高校生と当院の重症心身障がい者病棟の利用者さんが交流する会として今回で12回目を迎えます。

 今年度は「もっと交流の輪を広げたい!」という想いから、森アートディレクターの協力のもと、地域のボランティアの方にも参加して頂き造形活動に取り組みました。

 そしてさらに「病棟の利用者さんに喜んでいただける物」として日頃の療育活動に取り入れることのできる天蓋を作ることとし、「王子様とお姫様の天蓋づくり」をテーマに病棟ごとに、そのイメージに沿って大きな布に絵の具のスタンプやローラーで色付けをしました。
 製作中には「お姫様のイメージは何ですか?可愛らしいお花はどうですか?」など明るく積極的に声掛けを行う高校生や利用者さんの好きな歌を一緒に歌いながら色付けをするボランティアの方々の姿が見られるなど、会場は和気あいあいとした楽しい雰囲気に包まれました。また利用者さんからもたくさんの笑顔が見られたり歓声が聞かれました。
 それぞれの布が完成したところで作品を披露する時間を設け、工夫したところや頑張ったところなどを高校生に発表してもらいました。どの病棟もそれぞれがイメージした王子様やお姫様の模様が布に描かれており、爽やかで涼しそうな王子様とお姫様のイメージにぴったりな天蓋が完成しました。

 今回の交流会を通じて、一つの目標に向かって力を合わせる活動は人と人との心が通うきっかけになると実感しました。今後もさまざまな人との出会いを大切にするとともに交流する機会を増やしていく計画を立案していきたいと思います。

療育指導室

このページの先頭へ戻る