独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

看護学生のみなさん

看護部の教育

■看護部の教育理念

高い倫理観を持ち、高度な臨床実践能力を持った人材の育成を行う。

■看護部の教育方針

高度な看護実践能力と専門的役割を段階的に習得し、的確に判断し行動できる看護職員を育成する。

看護の倫理観に基づいた豊かな人間性と社会性を備え、地域に貢献できる看護職員を育成する 主体的にキャリア開発を目指す看護師を育成する。

患者の権利、成長発達(生涯発達)を支えるための 臨床看護実践能力を高めるように教育する。

患者・家族およびメディカルスタッフと協働するために必要な 問題解決能力・コミュニケーション能力・調整能力を高める。

■経年別到達目標

1年目

  1. 職場に適応できる
  2. 専門職者としての基本的な態度を身につけて行動できる
  3. 基本的な看護実践に必要な知識・技術・態度を理解し、安全・確実に実施できる
  4. メンバーとしての役割を理解し支援を受けて看護を実践できる
  5. 自己学習ができる

2年目

  1. 患者・家族主体の看護を考えることができる
  2. 看護チームの中でメンバーシップが発揮できる

3年目

  1. 患者・家族主体の看護が実践できる
  2. 後輩看護師のサポートができる
  3. 看護チームの中での自分の役割を理解し、日々のリーダーシップを発揮できる

4〜5年目

  1. チームリーダーとしてチームの調整を図り、リーダーシップが発揮できる
  2. 後輩看護師に効果的な指導と支援ができる
  3. 自己のキャリアについて考えることができる

6年目

  1. 看護管理が実践できる
  2. 看護実践の役割モデルとなる
  3. 自己の看護の専門性を深め、根拠に基づいた看護実践ができる

■看護師の能力開発体系

NHO「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」によって、段階的に学びます。

■病棟における新人看護師の教育体制

プリセプターシップを取り入れています。

実地指導者
♦プリセプター
職場適応を促す。日々の実践を、手順に基づいて共に実施します。
♦支援看護師
基本技術の習得にむけて支援します。
… その他、各部署の教育担当者(教育委員・教育担当副看護師長)OJTで支援します。
プリセプター
「どんなことがあってもプリセプティの1番の見方でいよう」と思ってます。
教育担当副看護師長
各部署に1名配置されています。研修の企画・運営・評価をしています。患者・家族へのケアにつながるようサポートします。

■新人看護師研修

詳細はこちら

このページの先頭へ戻る