独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

japanese
english
文字サイズ
小
中
大

看護学生のみなさん

先輩ナースより

■先輩ナースからのメッセージ

3年目看護師 救命救急センター

救命救急センターは、幅広い分野の知識と技術を求められます。また緊急入院した患者さんや家族の思いに寄り添う看護が必要な病棟です。忙しい毎日ではありますが、不安な気持ちのなか入院した患者さんや家族が安心できるような環境を整えられる看護師になれるよう頑張っています。

2年目助産師 産科病棟

自然と笑顔があふれ、「おめでとうございます」と言えるのが産科病棟です。命の誕生という、家族にとって感動の節目となる場に立ち会えることに誇りをもって働いています。ハイリスク妊産婦も多いため、個別性のある看護をより求められるのも特徴です。可愛い赤ちゃんに癒されながら、毎日奮闘しています。

2年目看護師 あおいろの丘病棟 

私は小児病棟で働いています。入院当初は病状の悪化のため機嫌も悪く子どもが泣くことも多いですが、回復とともに、元気になった姿や笑顔は癒しだけでなくやりがいを感じています。入院による不安を抱えている家族も多いため安心した入院生活がおくれるよう家族との関わりを大切にしています。

1年目看護師 めばえの丘病棟

重症心身障害児(者)の病棟で、日常生活の援助を中心に、長期療養されている患者さんが快適で穏やかな日々が送れるように看護しています。患者さんの気持ちや状態の変化を見逃さなうように努め、患者さん・家族の方々に信頼される看護師に成長していきたいと思います。

1年目看護師 GCU

私は主に小さく生まれたり、様々な疾患をもった赤ちゃんに関わっています。言葉を発することができない赤んちゃんの小さな変化を見逃さないようにしています。また出生直後から母子分離状態にある家族と赤ちゃんの愛着形成、育児指導など退院を見据えたサポートをしています。

1年目看護師 7階西病棟 

私は主に消化器疾患の患者さんと関わっています。ひとりひとりに合わせた看護が提供できるように日々勉強しています。わからないことは先輩方が優しく教えて下さるので、とてもいい環境で働くことができています。患者さんに信頼してもらえる看護師になれるように頑張ります。

このページの先頭へ戻る