独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

初期・後期臨床研修

教育研修部とは?

■教育研修部とは

 教育研修部は、臨床研修指定病院として、診療科の垣根を越えた初期、後期の研修を円滑に行うために、診療部門とは独立した部門として設置されています。初期研修医・後期研修医(専修医)が所属し、和気あいあいとした雰囲気で皆研修に励んでいます。

■研修関連の主要設備・行事

○ 研修医ルーム(初期研修医専用、5階北エリア)
 初期研修医のお勉強と憩い、情報交換のためのスペース。専用PCによるネット接続環境で、メディカルオンライン、UpToDate等にアクセスできます。研修医室専属の医療クラークさんが配置されており、研修医の様々な事務書類作成からちょっとした環境整備まで、かゆいところに手が届きます。(指導医より恵まれている?)

○ モーニングレクチャー&カンファレンス(5階カンファレンス室1)
 各科の指導医を交えた勉強会です。 持ち回りのjournal club、指導医によるshort lecture等が行われます。

○ スキルアップ・ラボ(4階北東エリア)
 救急患者の超音波診断や(小児)救急蘇生などのシミュレータ、CV挿入、新生児・小児挿管、腰椎穿刺、血管確保など、様々な手技を練習するための部屋です。

○ ラウンジ(5階北エリア)
 昼ごはんを食べたり、ちょっと昼寝をしたり…医局に隣接した皆の憩いの場です。PCからは英文・和文の電子ジャーナルが閲覧可能です。医学統計解析ソフトSPSSメディカルも備え、学会発表用データ解析に活躍しています。

○ 大研修室(4階北西エリア)
 研修医・看護師の院内症例検討会、ランチョンセミナーや学術講演会、各種研修会が開かれます。国立病院機構全体の小児救急研修会なども開催されています。

○ 研修医宿舎
 9畳の広い1K(単身用)から3LDK(家族用)までの病院宿舎(新築、車5分)と、朝寝坊に便利な敷地内宿舎(徒歩1分、1DK)が用意されています。

このページの先頭へ戻る