独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

ホスピタルアート

ホスピタルアート

今月のトピックスはこちら

アートコンセプト

MAMA ENE HOSPITAL
  • 5つの要素
  • 地
  • 水
  • 火
  • 風
  • 空

一年を通じて四季の変化を敏感に感じ取り、
古来より詩歌や掛け軸、生け花など、その生活の随所に
「自然の美」を取り入れながら生活してきた日本人にとって、
常に自然は身近にあり、心に潤いを与えてくれるものでした。

病院での辛い治療中にあっても、人間は自然の一部であるということを忘れず、
自然の持つエネルギーに触れて欲しい。
その想いから院内に様々な形で「自然のかけら」を取り込みたいと考えました。

善通寺という「場」の力を常に意識しながら、
母なる五つの要素(地・水・火・風・空)をアートで表現しました。
(隣接する総本山善通寺の五重塔に由来する)

[MAMA ENE HOSPITALコンセプト]
病と闘うために、日々細分化され進歩し続ける力強く父性的な医療という営み。その中にあって病院におけるアートの役割とは時に闘うことを離れ、そこで起こるすべての営みを根底からありのままに受け止めるという、もう一つの母性的な視点(まなざし)として存在することだと考えています。
ホスピタルアートディレクター
森 合音
[病院におけるアートの活動の目的]
院内に存在するすべてのアートは、患者様の快復と幸せを祈る医療スタッフの「想い」の結晶です。目に見えない「想い」をどのようにかたちにしてゆくか。「現場」の声に耳を澄まし、医療スタッフ、作家、さまざまな分野の専門家と話し合い、アートを媒体にして院内により豊かな医療空間を創出してゆくことを目的としています。