独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

各部門のご紹介

各部門のご紹介

各部門をご紹介します。クリックすると詳しい情報が見られます。

臨床研究部
国立病院機構の役割としての臨床研究や情報発信を担当する部門です。より良い医療を提供するための様々な研究が行われています。
看護部
こどもからおとなへ、そしておとなからこどもへとつづいてゆくライフサイクルそのすべてに看護者として関わらせていただける病院です。
教育研修部
臨床研修医の教育研修や公開講座・各種研修会など院内外の様々な研修活動を推進し、地域における医療の向上・啓発を担当する部門です。
事務部
病院運営を円滑に行うための役割を担っています。また、事務職員一人一人が業務に対して目標を持ち、常に高いモチベーションを保って業務に取り組むよう心がけています。
薬剤部
安全性に配慮した医薬品の適正使用、積極的な服薬指導、医薬品等の情報管理と情報提供により、患者さんへの安全で適正な薬物療法の提供を目指しています。
臨床検査科
臨床検査部門として、24時間の診療体制に対応し、様々な年齢、病気の患者さんに正確でより迅速に検査結果を提供するため、スタッフ一丸となり努力しています。
放射線科(技術部門)
病気や怪我の診断・治療に重要な役割を担っており、一般撮影、テレビ透視、CT、MRI、DSA検査などを行っています。被ばく低減にも努めています。
リハビリテーション科
理学療法・作業療法・言語聴覚療法(ことばの教室)ときめ細かく総合的なリハビリテーションを提供します。
療育指導室
重症心身障害児(者)病棟に入院されている方々の健全育成と福祉の増進を目的に児童指導員・保育士が配置されており、個別支援計画に基づいた療育を提供しています。
栄養管理室
入院されている患者さんの年齢・症状に応じた食事の提供、栄養・食数管理をはじめ、(入院・外来)栄養食事指導・相談を通じて、食支援に取り組んでいる部門です。
地域医療連携室
地域の医療機関、保健・福祉の各機関との連携を深め、一人一人の子どもを地域全体で継続的かつ効果的にサポートできるよう橋渡しを行う部門です。
医療安全管理室
患者さんとご家族に安心して医療を受けていただけるように、リスクマネジメント、感染予防対策を検討し、全職員の医療安全教育を行っています。
感染制御部
感染制御チーム(ICT)を中心に、医療関連感染防止対策の組織として感染制御全般に関与しています。
育児支援対策室
育児不安が強い方や育児に悩んでいる方に対して、病院と地域の保健師さんなどと連携をもち、育児支援を目的に活動しています。
治験管理室
安全に使える薬を増やし、医療を向上させるために、様々な薬剤の臨床試験(治験)や臨床研究支援に取り組んでいます。
手術室
24時間体制で手術患者を受け入れています。手術を受ける患者さんの不安や緊張が少しでも和らぐように、癒しの環境づくりを目指しています。