独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

診療科のご紹介おとな

セカンドオピニオン外来

(問い合わせは、地域医療連携室 平日8:30~17:15)
「セカンドオピニオン」とは「第二の意見」つまり「主治医以外の医師の意見」という意味 です。現在かかっておられる医療機関で充分な説明を受けられることが大切なことです。 患者の皆様が充分納得して治療を受けるために、主治医以外の別の医師からも意見を聞いて みたいとお考えになった場合にそれを支援するものです。
■受診・相談の対象者となる方
ご本人の相談を原則といたしますが、続柄を確認できる書類(健康保険証)をお持ち下さればご家族だけでも受診・相談が可能です。
■相談内容の具体例(ご相談診療科)
例)外科的治療法と内科的治療法で迷われているとき
  現在の治療法に不安を感じているとき
  大きな外科的手術を受けるように勧められているとき
(各診療科)
小児科、呼吸器科、循環器科、神経内科、精神科、内科、皮膚科、泌尿器科、小児外科、産婦人科、脳神経外科、心臓血管外科、整形外科、形成外科、外科、眼科、麻酔科、消化器内科、リハビリテーション科、放射線科
■相談が不可能な場合
セカンドオピニオン外来担当医があらかじめ判断した上で相談の可否を決定します。内容によってはお断りする場合もございますのでご了承ください。
■ご相談内容について
相談内容は病気の診断や治療に関することに限ります。以下の事柄については、対象外となります。
  • 現在受診中の病院や主治医に対する苦情
  • 医療過誤および訴訟を目的としている相談
  • 診療費についてのご相談
  • 最初から転医、転院を希望されている場合
■受診時間及び費用
相談は完全予約制です。お申し込みを頂いた後に、当方からご相談日時を連絡いたします。

※セカンドオピニオン外来受診・相談は全額自費で健康保険は適用されません。

「費用」
最初の60分間   10,800円(税込み)
以後30分毎に   5,400円(税込み)

※受診・相談時間には主治医への報告書作成に要する時間も含んでいます。

申込書等必要書類はこちらからになります。
「規定」…PDFが開きます

このページの先頭へ戻る