独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

市民公開講座「感染症からこどもを守る」
を開催しました

2016/05/21

 去る5月21日、サンポートホール高松にて市民公開講座「感染症からこどもを守る」を開催しました。内容は、ミニ講演として新生児内科医長の久保井徹先生が「赤ちゃんを守るためにお母さんにできること」、小児感染症内科医長の岡田隆文先生が「こどもを守るために学校・家庭でできること」についてそれぞれお話しさせていただきました。

 また、志度音楽ホール少年少女合唱団によるミニコンサートをはさんで、「感染症が歴史を動かす」と題し、保健科学研究所学術顧問の加藤茂孝先生に特別講演をお願いしました。会場にはだいちくんとそらみちゃんも駆けつけてくれて、170人を超える多くの方々にお越しいただきました。

 小児科領域の中でも感染症という分野は、さすがにみなさんの関心も高く、講演後の質疑応答も熱の入ったものになりました。こうした身近な話題について、いつもよりも患者さんの近くでお話できることは非常に意味があることで、こうした活動を今後も続けていければと思います。


このページの先頭へ戻る