独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

おひさまつうしん

TOPICS

災害医療訓練を実施しました

2017/09/30

 平成29年9月30日、大規模地震を想定した災害医療訓練を実施しました。

 訓練にあたり、病院の成育部門と成人部門の入口でも訓練を実施するため、患者様、お見舞いの方には北側入口へまわっていただき大変ご不便をお掛けしました。ご協力頂き、無事に訓練が終了したので、ご報告いたします。

 当日は傷病者役の看護学生80名を含む200名を超える参加者での訓練となりました。昨年度実施した訓練が当院における初の大規模訓練でしたが、今回も同規模での再挑戦となりました。まだまだ改善点はありますが、前回の反省を踏まえた良い訓練になったと思います。

南海トラフ地震が発生した場合には、山を越え応援に行く気概でいますが、想定されている大規模な地震が起こった場合には、香川県も最大2万5千人を超える死傷者(熊本地震の約5倍)が発生する被災地域であり受援地域となることが予想されています。災害拠点病院としての役割を果たす病院であるように、これからもいろいろな場面を想定した訓練を、繰り返し実施していきます。

トリアージ 

中等症エリア

患者搬送

災害時検査

物品搬送

災害時放射線

本部

本部長

災害時薬剤

軽症エリア

このページの先頭へ戻る