独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

文字サイズ
小
中
大

研修案内

研修案内

看護師特定行為研修のご案内

1.研修の名称

独立行政法人国立病院機構四国こどもとおとなの医療センター看護師特定行為研修センター

2.「看護師特定行為研修」の紹介

【未来の医療を支える研修制度】

日本においては、団塊の世代が75歳以上となる2025年(平成37年)に向け、今後の医療を支えるために保健師助産師看護師法の一部改正によって、平成27年10月1日から手順書により特定行為を行う看護師に対し、「特定行為研修」の受講が義務づけられました。

新たな研修制度は、看護師が手順書により行う特定行為を標準化することで、今後の急性期医療から在宅医療等を支えていく看護師を計画的に養成することを目的としており、厚生労働省は、多くの看護師に受講することを呼びかけています。

【何が変わるの?】

特定行為研修を修了した看護師が患者様の状態を「見極め」、医師が身近にいない場合も、必要な医療サービスを適切なタイミングで届けるなど「タイムリーな対応」が可能になります。そして、患者様やご家族の立場に立ったわかりやすい説明ができ、「治療」と「生活」の両面からの支援の促進に貢献します。

【特定行為とは】

診療の補助であって、看護師が行う医療行為のうち手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力、高度かつ専門的な知識・技能が特に必要とされるもの(21区分)

【手順書とは】

医師が看護師に診療の補助を行わせるためにその指示として作成する文書(包括的指示)

3.研修の概要

当院では、国立病院機構が担っている政策医療である重症心身障害児(者)、神経・筋難病患者等の障害者医療における安心・安全な医療の提供に焦点をあてた呼吸器管理研修を実施します。特定行為区分は、「呼吸器(気道確保に係るもの)関連」、「呼吸器(長期呼吸療法に係るもの)関連」の2区分になります。

詳細については、以下のリンクをご覧ください。

  • 研修の概要

4.研修生募集の案内

以下のリンクより「募集要項の概要」をご覧下さい。

出願に必要な書類等については、「見本」になります。提出書類としては使用できません。
出願をお考えの方は、募集要項を請求しご準備下さい。

  • 募集要項
  • 出願書類

◇請求方法:下のメールアドレスに必要情報を入力し、請求して下さい。
送付先「郵便番号、住所、氏名」を正確にお願いします。
病院から折り返し、郵送にて送付致します。

5.問い合せ先

電話(代表) 0877-62-1000
看護師特定行為研修 受講審査係
平日(月~木)の8時30分~17時00分までにご連絡下さい。

看護師特定行為研修担当(教育研修対策室:玉川 緑) E-mail:Kyoiku1@hosp.go.jp